• ホーム
  • 記事や画像を引用する時には十分に注意を

記事や画像を引用する時には十分に注意を

いざサイトは制作出来ても、次はそこに掲載する記事や写真等を用意しなくてはいけません。
しかし、サイト内の記事や画像は膨大な数に上ります。
その場合、文章は何とか自力で書くとしても全ての画像を全部自作する事はとても難しいと言えます。
多くの場合、ネットで公開されているフリー素材等を使う事になる訳です。

ですが、フリー素材と言っても何から何までフリーと言う訳ではありません。
フリー素材にも許可なく改変することが禁止されている等一定の基準が設けられているケースがほとんどです。
例えば、アイコンやボタン等は無断転載や改変が出来ない事が多いです。
また、サイトによっては商用利用を禁止している事もあります。
ビジネス向けに使用するのであれば、商用利用が可能かどうかきちんと確かめてから使用した方が無難です。

しかし、フリー素材ではなくてもネット上で他人の作った画像等を利用出来る場合もあります。
それは、それらを掲載する事が引用に当たる場合です。

引用と言う行為を著作権と照らして正確に理解することは難しいのですが、簡単に書けば何らかの説明や批評をする時にどうしても実物を例示する必要がある場合には引用となります。
例えば本のレビュー等で本の文章の一部を転載するような場合が引用に当たります。
ただし、商品のレビューで他人の撮った写真を使うと言ったことはNGです。
こうした行為は著作権侵害に当たるので注意しましょう。

さらに、引用する時にはどこから引用したのかと言う引用元をきちんと記載しておくことが必要です。
引用元が記載されていないと引用としては無効になってしまいます。
また、その際に実際の資料の内容を書き換えたりしないように十分に注意して下さい。

もう一つ、無断で掲載しても著作権侵害に当たらないケースとしては、公共機関が資料として作成した文章や画像等の著作物を使用する場合です。
こうした著作物には公益性があるため、一般的に作成者の許可を取る必要はありません。
しかし、公共機関の作成した著作物であっても、内容によっては転載が出来ないケースもあります。
また、無断転載禁止の表示があれば、当然当該の公共機関に許可を得てから掲載しなくてはいけません。

インターネットの初期には他人の著作物を無断で使用することにも寛容な雰囲気がありましたが、現在では電子メディアの著作物にもしっかりとしたルールが設けられています。
著作権関係で問題を起こすと後々まで尾を引くことになりますから、十分に注意するようにして下さい。