• ホーム
  • ワードプレスを使えば初心者でも簡単にサイトが作れる

ワードプレスを使えば初心者でも簡単にサイトが作れる

パソコンを使っている男性

こうした基本を覚えたら後は実際にホームページを作っていく事になります。
しかし、ビギナーの段階ではHTMLタグの使い方一つ取ってもよく分からない部分が多いでしょう。
そんな時にはワードプレスと言う専門知識なしにホームページを作るソフトを使用するのが便利です。

ワードプレスは自分の持っているサーバー上にインストールして、そのツールを使いながらウェブサイトを作っていくソフトになります。
このワードプレスには、無料ブログに比べるとより多彩な機能が用意されているのですが、使い方は意外と簡単でダッシュボードと呼ばれる管理画面から記事を投稿・管理する事が出来ます。

こうした直感的な操作はブログの制作とよく似ています。
サイトのデザインやレイアウト等はあらかじめ用意されているテンプレートを使えばよく、ブログを編集するのと同じような感覚で自由度の高いウェブサイトを作れるのが魅力です。

ワードプレスを使用する際は、事前に専用のサーバーをレンタルする事とそのSSL化を必ず行っておきましょう。
そうしないと、後でリンクURLの編集等で苦労する事になります。

現在では、多くのサーバーでワードプレスを始めとしたウェブサイト作成ツールの自動インストール機能が付いています。
ですから、初心者であればこうした機能の付属しているサーバーをレンタルすると良いかも知れません。
この機能を使用すれば、面倒なパーミッション設定等の手間を省くことが出来ます。

ホームぺージ作りは、テンプレートさえあれば意外とさくさくと進むものです。
ただ文章を書くだけであれば、細かな専門知識を覚える必要もありません。
ワードプレスと無料ブログが大きく違う点は、ベンダー以外にも様々なところから多くのテンプレートが配布されているという点にあります。

テンプレートの中には有料のものもあれば無料のものも存在します。
ですが、お店や会社の紹介サイトを作るくらいであれば無料のものでも十分でしょう。
さらに、ブログと同じように日付順に記事を並べて投稿してくれる機能も付いているため、ブログとほとんど変わらない感覚でサイトを作っていく事が出来ます。

このように、ワードプレスはデザイン性に優れていて自由度が高いことが売りなのですが、セキュリティ関連の更新がしばしばあります。
この更新を怠るとサイトの脆弱性を突かれて攻撃される可能性が高まってしまうため、その点には注意しておいて下さい。