• ホーム
  • スマホ向けレスポンシブウェブデザインの作り方

スマホ向けレスポンシブウェブデザインの作り方

サイト作成初心者が戸惑うことが多いのが、スマホやタブレットとPCではどうしてホームページの表示が違うのかという点ではないでしょうか。
この表示の変更は端末が自動的に行っている訳ではなく、サイト作成者がソースの中にそのような調整を行うスクリプトを組み込んでいます。
このようなサイトデザインのやり方をレスポンシブウェブデザインと呼びます。

こうしたサイトは誰にでもすぐに作れると言う訳ではありませんが、ECサイト等のビジネス向けのサイトを始めるのであれば、やはりどうしても必要になって来る技術だと言えます。
PCの利用者だけを想定していると、どうしても自宅や会社以外からのアクセスは少なくなってしまいます。
ですが、レスポンシブウェブデザインを適用すれば、ユーザーが外出中でもサイトを利用出来るというメリットが生まれます。

ここでは作り方の基本だけを抑えておきますが、レスポンシブウェブデザインになっているサイトを作るにはメディアクエリと言うものを基本として使用します。
メディアクエリは一つのCSSの中に複数個設定する事が出来ます。
そして、サイトにアクセスして来たデバイスの特徴に合わせて、それにマッチした場合にだけ該当のレイアウトやデザイン等が適用される仕組みになっています。
つまり、一つのCCSの中に複数のデバイス向けの異なるCSSのスタイルを仕込んでおく事がメディアクエリの基本的な使い方になる訳です。

メディアクエリを使用する際は、CSSを書き換えるだけでなく、HTML本体のほうでも色々な初期設計が必要になります。
この初期設計を同時に行っておかないと、いくらCSSを正確に書いても上手く機能してくれないので注意しましょう。
画面の小さいスマホでも使いやすいサイトを作ることは結構大変なものがありますが、ネット上で公開されているサンプル等を参考にすれば、意外と簡単にレスポンシブなウェブサイトを制作する事が出来ます。

レスポンシブウェブデザインにすれば、スマホやタブレットのユーザーにとっても見やすいサイトになると言う点がやはり最大のメリットでしょう。
モバイル端末の利用者は、どうしても使いやすいサイトや見やすいサイトに集まる傾向が強いですから、早い段階でレスポンシブウェブデザインに移行しておかないと、せっかくのユーザーを取り逃がしてしまう事になります。
検索エンジンでもモバイル端末向けに最適化されているサイトのほうが評価が高くなりますから、SEOの中では比較的優先度の高い課題だと言えます。