• ホーム
  • サイト作成にはどれくらいの費用がかかってくるか

サイト作成にはどれくらいの費用がかかってくるか

パソコンを使用している男性

企業やお店の経営者の中にはサイト作成と言うとすぐに業者委託を考えてしまう人がいます。
しかし、それほど利用者の多くないサイトの場合、費用対効果の点で劣ってしまうケースがあります。
もしホームぺージを自作出来る能力があるのであれば、やはり自前でサイト作成をしたほうがお得です。

サイトを運営するにはレンタルサーバーを借りる費用が必要ですし、業者委託をする場合には保守点検や管理を含めた維持費もかかって来ます。
これは年間にすると結構な額ですから場合によっては経費で足が出てしまいます。
サイト制作費を出来るだけ安く抑えるコツとしては、やはり自分で出来ることは自分で済ませてしまうという事になります。

では、サイト作成をプロに依頼した場合にはだいたいどれくらいの相場になっているのでしょうか。
ホームページを制作してもらう場合、トップページとそれ以外のページで料金は異なります。
トップページの相場が5万円から10万円くらい、それ以外の下層ページの相場が2万円から5万円くらいと言うのがおおよその目安です。
スマホでもPCでも閲覧出来るようなレスポンシブウェブデザインの場合は、だいだいこの倍くらいの価格になります。

その他にロゴやイラスト、図表等も用意しなくてはいけませんが、これらにも別途料金が発生して来ます。
こちらは1件あたり5000円から10万円くらいでしょう。
このように、ホームぺージ制作を依頼する値段は申し込んだ会社によっても内容によっても大きく変わって来ます。
さらに維持費も毎年10万円から数十万円と言う単位で発生します。

これらを全て自分で行うとすると、最低限必要になるのはレンタルサーバー代やドメインの取得代と言った費用でしょう。
こうした費用を除けば、管理費や保守点検費用等は当然無料になる訳です。
レンタルサーバー代は中には無料のところもあるのですが、広告付きとなっている場合が多いため、有料のものを使ったほうが良いと言えます。
この費用はせいぜい年間で数千円と言ったところでしょう。

問題となって来るのはドメインの取得費用で、これはどんなドメインを使うかによって大きな違いがあります。
サーバーが代理で取得してくれる新規ドメインに関しては無料の場合も多いです。
ですが、中古ドメインは人気のあるものほど相場が高くなり、最高では数十万円と言う金額が付くことも珍しくありません。

それでも、ホームページを自作すれば業者委託する場合よりも圧倒的に安く、見込める収益に比較して微々たる金額だと言えます。

サイト内検索
人気記事一覧